糖尿病と亜鉛

栄養不足でも糖尿病になってしまう!?

藤城式糖尿病改善食事法,藤城式,食事法,糖尿病,改善,評価,口コミ

肥満=糖尿病になるとおもわれていますが、実はそうともいえないようです。たしかにそのリスクは高まるのですが、「栄養不足」でも高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。

 

実際に、糖尿病患者に栄養素を補う食事療法などを指導すると、約9割の糖尿病患者に血糖値の改善効果が出た臨床結果もあります。つまり、栄養不足が大きな原因の一つであるということが言えます。

 

勘違いしていけないのは、正しい栄養素を必要な分量でというのがポイントで、特に重要なのは「亜鉛」

 

これは15年以上前から亜鉛と糖尿病のかかわりを研究されている国立健康・栄養研究所の西牟田守医師も指摘していらっしゃいます。

 

なぜ、亜鉛が大切か理解するためには、まず、ブドウ糖がどんな仕組みで細胞に取り込まれるかを知る必要があります。

 

私たちが食事をすると、糖質から作られたブドウ糖が血液中にたくさんあふれます。そして、身体のエネルギー源として使うために、ブドウ糖を細胞に取り込むには、インスリンというホルモンが必要になります。このインスリンが十分に働くために必要な栄養素の一つが、インスリンの原料の亜鉛なのです。

 

もし、普段の食事で亜鉛が不足した場合は、血糖コントロール機能を悪化させるだけでなく、膵臓のインスリン分泌機能にも悪影響を及ぼすようになってしまうのです。

 

また、亜鉛は活性酸素を除去する酵素の材料にもなっています。亜鉛は、目、腎臓、筋肉、骨髄など、活性の高い組織にたくわえられていて、網膜症、腎症、神経障害という、糖尿病になると怖いといわれている合併症の予防にも有効なのです。

 

さらに、年をとると尿の中に排泄される亜鉛の量が増えます。これらのことも、中高年が糖尿病になりやすい原因の1つとも考えられています。

なぜ、糖尿病で目の病気になるのか?

目の網膜の後ろには、大量の亜鉛があるのです。目は常に紫外線にさらされていて、活性酸素の害を受けやすいうえに、目はインスリンがなくてもブドウ糖を取り込める細胞なので、高血糖で発生した活性酸素の消去に亜鉛が必要となります。

 

もうおわかりですね。

 

ところが、亜鉛が体内に不足していると、眼や腎臓から亜鉛を使ってしまい本来、亜鉛が必要なところで不足するので、合併症を引き起こしやすくなるというメカニズムなのです。

食べる順番を気にしていますか?

糖尿病の改善のためには、食生活の見直しは必須です。今回、注目した亜鉛を摂取するポイントは二つ。

 

1.亜鉛を取ること。
2.なるべく亜鉛を捨てないこと。

 

一つ目は理解できても、「捨てないように?そんな事ができるの?」と思われますよね。

 

藤城式糖尿病改善食事法,藤城式,食事法,糖尿病,改善,評価,口コミ

まず亜鉛の摂取ですが、亜鉛を多く含む食品の代表格は貝のカキです。その他にも、牛もも肉、豚ヒレ肉、木綿豆腐などにも多く含まれています。これらは、いずれも糖質が少なく、たんぱく質が豊富なのでおすすめの食材です。

 

そして、取り込んだ亜鉛を捨てないようにするためには、市販のうま味調味料をなるべく使わないことです。その理由は、これらの成分が亜鉛とくっつきやすく、亜鉛を尿の中に排泄してしますのです。

 

だから、できあいのお弁当中心の人の場合は、食生活を見直して自炊するようにしてくださいといわれるのは、こういった理由だったのです。

 

そして食べる順番ですが、糖尿病の人は、基本的にご飯や麺類が好きな人が多いようで、どうしても好きなものから口にはこぶ傾向にあるのです。そこで、おかずから手をつけるようにして、満腹感を味わうことで炭水化物をできるだけ控えるようにする工夫が必要です。

 

さらに、浴感で食べると満腹中枢がはたらき、食品の中に少ししか含まれていない栄養素が吸収しやすくなるという利点もあります。また、足りない栄養素をサプリメントで補給するという手もありますが、過剰摂取は逆効果なので注意が必要です。

 

食事療法だけで、健康を取り戻す!

 

藤城式糖尿病改善食事法,口コミ,評判,食事法

 

 

 

トップページを再度確認したい場合は ⇒こちら

関連ページ

血糖値が上下する仕組み | 「藤城式」糖尿病改善食事法の【内容を検証】口コミも調査して評価
プチ断食で高血糖を自分で改善することを目指した藤城式高血糖改善メソッド。開発者の藤城 博は高血圧、糖尿病、肥満、がんといった現代人特有のの生活習慣病を専門的に研究している「治療家」です。体の中のケトン体を増やして高血糖を改善する方法とは?
糖尿病は認知症になりやすい⁉ | 「藤城式」糖尿病改善食事法の【内容を検証】口コミも調査して評価
糖尿病患者は認知症になるリスクが高いことが、さまざまな研究で報告されています。そこで、糖尿病と認知症の関係をさまざまな角度から解説しています。また、糖尿病は生活習慣や食生活を改善することで、十分、克服できる病気です。「藤城式」糖尿病改善食事法をお調べの方は参考になさってみてください。