糖尿病患者は認知症になりやすい!?

糖尿病と認知症の関係

藤城式,糖尿病改善食事法,アルツハイマー病,認知症,インスリン

65歳以上の高齢者の認知症患者数は、2012年には7人に1人でしたが、2025年には5人に1人になると見込まれています。

 

もちろん、高齢化による人口の推移が多少は関係しているものの、日本糖尿病学会年次学術集会は、「糖尿病患者と認知症患者は密接に関係している。糖尿病の人は認知症になりやすく、認知症になると糖尿病が悪化しやすくなる。早い時期から高血糖と低血糖を防ぎ、認知症を予防することが重要だ。」と、発表しています

 

また九州大学の研究では、糖尿病患者とそうでない人では、アルツハイマー病の発症のリスクが2~4倍に上昇することも明らかになっています。

なぜ、高血糖がいけないのか?

アルツハイマー病は脳の神経細胞が死んでいく病気ですが、脳細胞が死んでいく原因については、最近になってかなり解明されてきました。

 

それは”糖が不足している”ことです。

 

そして、糖と深い関係にあるのが”インスリン”です。

 

脳の活動エネルギーは、ほとんどが糖です。そのために、脳神経細胞は、常に糖を取り込まなければいけないのですが、その時に必要なのがインスリンなのです。つまり、「アルツハイマー病になりやすい=インスリンの量が足りない」ということなのです。

糖尿病=高血糖なのに脳の糖が足りない!?

血糖値が高くなっていると、普段よりもインスリンが多く分泌されますが、それらは生命維持のために、脳よりも先に内臓や筋肉に使われてしまいます。すると、脳に必要なインスリンは足りない状態になります。簡単にいうと、これが高血糖なのに脳に糖が取り込まれていないメカニズムです。

 

藤城式,糖尿病改善食事法,アルツハイマー病,認知症,インスリン

 

また、ジョージタウン大学の研究チームによると、アルツハイマー病の人は、発症する10年ほど前から糖の取り込みが明らかに下がっていることがわかったということです。そして、認知機能を正常に保つためには、「HbA1c7.0%未満」を目標にコントロールすることが大切なこともわかってきました。

 

また、糖尿病患者がアルツハイマー病を発症しやすいもうひとつの理由は、脳の動脈硬化が進みやすいためです。動脈硬化が進めば脳梗塞の発症リスクが高くなり、血管性認知症にもなりやすくなるのです。

 

さらに、食後すぐに血糖値が高くなる「食後高血糖」が続くと、酸化ストレスや炎症、糖を燃やした時にできる有害物が、脳の神経細胞にダメージを与えることも分かってきています。

どうやって高血糖を改善するのか?

糖尿病の人が認知症になるのを防ぐためには、まず血糖コントロールを改善することです。

 

血糖コントロールを改善するための治療は、食事と運動が基本です。好きなものを好きなだけ食べていてはいけないのですが、逆に言えば、高血糖は食事で改善できる可能性が高いということになります。

 

これからの先の人生を不安なく生きるためにも、もう一度、考える必要がありそうですね。

 

食事療法だけで、健康を取り戻す!

 

藤城式糖尿病改善食事法,口コミ,評判,食事法

 

 

 

トップページを再度確認したい場合は ⇒こちら

関連ページ

栄養不足と糖尿病 | 「藤城式」糖尿病改善食事法の【内容を検証】、口コミも調査して評価
【藤城式】糖尿病改善食事法は、キツイ運動も薬も一切使わず、たった3日間で血糖値を下げることを目標とした糖尿病改善法です。そのキモとなるのがプチ断食食事療法です。ただし、量を控えればいいというわけではありません。注意点を解説します。
血糖値が上下する仕組み | 「藤城式」糖尿病改善食事法の【内容を検証】口コミも調査して評価
プチ断食で高血糖を自分で改善することを目指した藤城式高血糖改善メソッド。開発者の藤城 博は高血圧、糖尿病、肥満、がんといった現代人特有のの生活習慣病を専門的に研究している「治療家」です。体の中のケトン体を増やして高血糖を改善する方法とは?